« 「別府アートまちあるき」研修会 | トップページ | プロジェクト実習だより »

2015年6月 6日 (土)

大分市美術館の実地研修会

 設計製図3の第二課題は「美術館」の設計です。ここ数年は、課題説明のための実地研修として、美術館の見学会を実施しています。大分市美術館は、現代を代表する建築家のひとりである内井 昭蔵 氏の設計による誉れ高い名建築です。また、案内していただいた美術振興課 岡村 暢哉 氏が展示、設備、運用、メインテナンスまで幅広く、しっかりと説明をしてくださり、展示空間のみならず、搬入口や収蔵庫など、裏動線も見学させていただくことができました。途中、館長 菅 章 氏も加わり、研修会に参加した学生たちは「本物の芸術家」の謦咳に触れ、「本物の美術」を身近に感じることで刺激を受けた様子でした。これを機に、高い志を抱き、より素晴らしい作品を生み出してくれることを期待しています。
 なお、大分市美術館のご協力により参観入場料を免除していただきました。心より感謝申し上げます。(近藤

150605_2


« 「別府アートまちあるき」研修会 | トップページ | プロジェクト実習だより »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1515322/60269231

この記事へのトラックバック一覧です: 大分市美術館の実地研修会:

« 「別府アートまちあるき」研修会 | トップページ | プロジェクト実習だより »