体験活動

2014年11月17日 (月)

「日本文理大学美術部作品展」と「ブンリ派デザイン展」

別府駅で「日本文理大学美術部作品展」(11月15・16日)と「ブンリ派デザイン展」(17〜21日)を開催中です。別府駅へお越しの際には、ぜひ、構内のB-Passage中央広場にお立ち寄りください。(近藤

141115bam


2014年11月 3日 (月)

うすき竹宵

2010年度から美術部の学生を中心にして「うすき竹宵」に参加するようになりました。その後も継続して参加しており、早いもので、今回で5回目です。ここ数年、雨がちの天候のなかでの開催が続いておりますが、今回はいささか降りがひどかったので、準備していた段ボールと和紙を使ったオブジェ展示は断念せざるをえませんでした。残念ですが、仕方がないと思います。次年度は、晴れるといいなと思います。(近藤

141101


2014年10月15日 (水)

段ボールで動物をつくろう!

10月11日、「おおいた協働ものづくり展」の「ものづくり体験教室」に本学客員教授でデザイナーの松岡 勇樹 氏を招き、小学生30名を対象に「段ボールで動物をつくろう!」を実施しました。アシスタントとして建築学科1年生の三重野 和 さんが活躍してくれました。子どもたちは、ムーミントロールの模型を楽しく組み立てながら、部材を構成していくことで徐々に形と意味を想起させる体験をしました。彼らの中から、将来、ものづくりに興味をもって学ぼうとする方が現れてくれたら幸せです。(近藤正一

1

2


2014年10月 9日 (木)

城下町杵築観月祭のオブジェ設置

10月4・5日、建築学科有志学生が城下町杵築観月祭にオブジェを展示しました。昨年度に引き続き2回目の参加となり、展示箇所が2箇所となり、ゼミの学生に加え1年生も参加するようになりました。残念ながら、日曜日は台風の影響で中止となってしまいましたが、社会・地域に貢献できたことが、学生たちの記憶に残り今後の学業の糧となることを願っています。(近藤

141004
141004_2


2013年11月18日 (月)

「美術部作品展」と「ブンリ派デザイン展」

美術部の活動成果を一般市民へ公表するため、毎年、「美術部作品展」を開催しています。昨年度からは、ベップアートマンスに参画させていただくかたちで実施しており、近藤研アンド足立研の「ブンリ派デザイン展」も同時期に開催しています。今回は別府駅のスペースをお借りすることができました。
うれしいことに、通りかかった方々は皆、興味津々でご覧くださり、ときに興味深く見入っては声をかけてくださり、ほめてくださいます。さっそく反響があり、芸術活動をしている方からコラボしたいという申し入れもありました。次なる進展も期待されます。
11月22日まで開催中です。別府駅へお越しの際には、どうぞお立ち寄りください。(近藤正一

131116_2


2013年8月 2日 (金)

株式会社ヴィン設計工房・一級建築士事務所見学会

2013年6月13日に、株式会社ヴィン設計工房・一級建築士事務所を見学しました。代表取締役所長の小田 健 氏がたいへん親身になって学生と応対してくださいました。
「学生さんには、是非いろいろな建築を見て、触って、読んで、調べて、語って・・若いパワーで多様な感性を育てていってほしい」
という建築に対する純粋な気持ちをお持ちだからこそ、県内随一の実績をあげられているのかもしれません。構想・イメージから設計そして建物完成までの面白さや、他の仕事では味わえないダイナミックさなどが学生に伝わったのではないかと期待しています。(左から、ミーティングルーム、資料室、製図室)近藤正一Photo


2013年4月 8日 (月)

スタートアップ湯布院研修

毎年恒例のスタートアップセミナー湯布院研修にお邪魔してきました。

スタートアップセミナーは、新入生に対して一週間、大学に慣れるための様々なプログラムが用意されています。

湯布院研修はその集大成で、一泊二日で湯布院の研修所に滞在して,グループワークの基礎を学びます。
研修といっても堅苦しいものではなく、みんなの意見をまとめて発表する練習を楽しみながらやります。
また、泊まりがけの研修なので、初めて会ったクラスメイトとの親睦を深めることも目的です。

湯布院研修のプログラムは、人間力育成センターが企画、運営しています。

夕方に、新入生の食事会があるので、私たちもちょっとお邪魔してみました。

1365236759995

早めに着いたら、ちょうどグループワークの成果を発表しているところでした。
テーマは、明日の昼ご飯となるチャーハンのレシピです。

オリジナリティーあふれて、しかも食材を余さず使うことが課されています。
おいしそうなものから、大丈夫かな?というものまで、個性あふれるチャーハンが紹介されました。
新入生は、明日、このレシピにもとづいて、実際にチャーハンを作ります。

そのあと、夕食会です。
夕食会には、学科の先生が全員参加して、賑やかな雰囲気でした。
そして、学長も忙しい中、参加していただきました。

1365241663166

そして、食事が終わったら、学友会の先輩達が企画した○×クイズです。

Dsc_0235s

クイズ大会は、先輩の活躍で、大いに盛り上がりました。

Dsc_0246s

クイズ大会の後、食事会はお開きになりました。
1年生の皆さんは、翌日に湯布院の散策とチャーハンづくりが待っています。


2012年7月28日 (土)

さがのせき楽・楽マルシェ

きょうは佐賀関の関アジ関サバ通りで楽・楽マルシェのお手伝いをしています。
この活動は地域づくりの一環で、この経験が将来の街づくりの仕事に活かされます。

学生の皆さんが、地域と玖珠町の特産品を売るお手伝いをしています。今日はキュウリが2本で100円、竹田市の荻町の朝摘みトマトが300円です。

undefined

undefined

undefined

そして、お買い上げの方は学生さんが作るかき氷の無料券をプレゼントします。

undefined

undefined

13時までやっていますので、お時間のある方は、是非いらしてください。
楽・楽マルシェは毎月、第3土曜日に佐賀関郵便局前でやっています。

2012年7月19日 (木)

災害復旧ボランティア

今年の大雨で、大分県の中津市、日田市、竹田市で大きな被害が出ています。
今回は、中津市の山国川の上流、下郷地区に3年生の学生さんと災害復旧のボランティアに行ってきました。

Dsc_0388sm
橋に漂流物が、たくさん掛かっています。そして、水の勢いで欄干(手すりの部分)がちぎれて流されています。
この漂流物が架かった橋が川をせき止めてしまい、その上流に水があふれてしまったようです。

山国川の流域は、7月上旬に一度氾濫して、その片付けが終わってすぐ、また氾濫をしました。
一度でも大変な災害復旧の作業を、一ヶ月に2回もすることは、肉体的にも精神的にも大変なことだと思います。

Dsc_0394sm
到着して、早速大きな冷蔵庫を動かしました。川沿いでも一番高い場所にあるお店だったのですが、店内に水が入ってしまったそうです。

Dsc_0436
それぞれの持ち場に向かいます。

Dsc_0397
床下にたまった泥のかき出しや、庭にたまった砂の掘り出しなどをお手伝いしました。特に、床下の泥は、放っておくと臭くなってしまったり、伝染病の発生の原因になったりします。

参加した学生の皆さんは将来、建築、土木技術者を目指す人がほとんどです。被災した場所を見て、被災された人と一緒に働いて、いろいろ考えることも多かったのではないでしょうか?

最後になりましたが、今回のボランティアには、中津市の水辺に遊ぶ会の皆様に大変お世話になりました。
この場を借りて、お礼を申し上げます。

2012年7月15日 (日)

こうざき海水浴場海岸清掃

今朝は、こうざき海水浴場の海岸清掃のお手伝いに来ています。
海岸は深い霧につつまれていて、いつもとは違う雰囲気です。
そして、昨日までの大雨で流されてきた流木が海岸にいっぱい転がっています。土砂崩れで根こそぎ倒された木が流れてきています。どの木も表面がツルツルになっています。これも、流されてくるときに、河川の土砂で削られたものです。自然の力はすごいですね。

海岸清掃が終わった後で地域活動のリーダーの方をつかまえて、地域で海を守る活動についてのインタビューをしました。聞き手は学生さんに任せたので、失礼がないか心配でしたが、なかなか上手にインタビューをしてくれました。海岸に生える珍しい植物も紹介していただいて、実りの多い日曜日でした。

どうもありがとうございました。


霧のなかでの海岸清掃です。日が高くなると霧も消えてしまいました。



海岸にはたくさんの流木が落ちていました。

Img_20120715_094802
流木は地域の皆さんが片付けます。


Img_20120715_093043
LNGタンクが雲の上に浮かんでいるみたいです。

より以前の記事一覧